ニキビの原因を理解しよう

男性が地球儀をさわる

一度出来てしまうと、なかなか治りにくいニキビ。完治したと思ったら、また同じ所に出来てしまったりと、男女ともにニキビが原因による肌悩みはつきません。
自分のニキビは何が原因で出来ているのか、またその症状について詳しくご存知ですか?じつは間違った解釈から、「ニキビが悪化してしまった」そんなケースも多くあります。ニキビの原因を正しく理解して、対策をとりましょう。

ニキビの原因には大きく分けて、二つあります。
1、ストレスや生活習慣の乱れ
2、皮脂の過剰分泌

以上が主な原因と言われています。
ストレスが原因で、ホルモンが乱れ直接肌へ悪影響を及ぼします。とくに男性ホルモンの影響により、皮脂分泌が促進され、角化異常を起こすことで、ニキビが出来やすい環境を作ってしまいます。

さらに毎日繰り返される生活習慣の乱れは、ニキビを繰り返してしまう原因になります。とくに睡眠の質に関しては、肌と直結しているため、睡眠不足の状態だと、翌日すぐにニキビができたりと、肌にとって良いことはありません。
睡眠中は、肌の老廃物を外へ排出したり、肌が生まれ変わる準備をしている時間です。ここの準備期間が短かったり、質が悪かったりすることで直接肌へ影響してくるというワケです。とくにゴールデンタイムと言われる、夜の10時から2時までに睡眠がとれる習慣を意識しましょう。

二番目が皮脂の過剰分泌により、ニキビが出来やすくなるということです。
皮脂がたまると、毛穴の中でアクネ菌の餌となる菌が増えるため、ニキビが出来やすくなります。ニキビが改善してもまた出来てしまうのは、皮脂の過剰分泌が続いているためです。そのため治療薬などで、皮脂栓を小さくするなどし、根本的な治療の必要です。

Copyright(c) 2019 トレティヴァを通販する!重度のニキビ治療薬で悩みを解消 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com